手汗の原因はいろいろある

手汗は、各本人が困りますが、周囲の人にも迷惑をかけます。

 

たとえば手汗がレベル2以上だと、手のひらから汗が垂れ落ちることはなくても、
仕事上で握手をする時や、名刺を交換する際に、汗がべとついて、
相手の人の印象を悪くするかもしれません。

 

手汗をかいたら病院へ行くのがベターですが、ここで手汗の原因を探ってみます。

 

手汗の原因はいろいろ

手汗は身体的な原因もありますが、精神的な要素が大きいようです。
手汗の原因は、自律神経系統の乱れ、それを誘発するホルモンバランスの乱れなどと、
不規則な生活習慣と、それに伴う肥り過ぎなどが考えられます。

 

人間は高等動物で、喜怒哀楽の感情が強いので、
それがさまざまな形で心身の不調をもたらしますが、そのひとつが手汗です。

 

自分で気づかないストレスも手汗の原因

最近はストレスという言葉が広く使われていますが、
緊張や不安、恐怖などもストレスの原因になります。

 

ストレスが溜まってくると、自律神経の交感神経が優位になるので、
知らず知らずのうちに手汗をかくのですが、詳しいことは解明されていません。

 

多汗症が重度になると、気持だけでは処理できない

手汗をかく手掌多汗症は、多汗症ですが、軽い段階であれば、薬などでの
ストレスの処理で自然に治ります。

 

ただし、レベル3と言われる、手のひらから汗が垂れ落ちるような重度になると、
完治はそう簡単ではないようです。

 

このような場合には、自律神経を治療する薬以外に、注射や手術という治療があります。
つまり、ストレスを解消するという、気持ちの持ちようだけでは解決できなくなります。
ちなみに、病院では心療内科がメインになりますが、注射や手術となると、外科の範疇になります。
汗かき 改善